ナイチンゲール症候群とは、看護師や介護士などの医療職が、患者や利用者に対して恋愛感情や性的感情を抱いてしまう状態

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ナイチンゲール症候群とは、看護師や介護士などの医療職が、患者や利用者に対して恋愛感情や性的感情を抱いてしまう状態を指します。

この症候群の名前は、19世紀のイギリスの看護師であるフローレンス・ナイチンゲールに由来しています。ナイチンゲールは、クリミア戦争で負傷した兵士たちの看護に尽力したことで知られていますが、その献身的な姿から「ナイチンゲール」と呼ばれるようになりました。

ナイチンゲール症候群の原因は、さまざまに考えられます。

  • 患者や利用者への親身な対応や、その看護や介護が患者や利用者に感謝されたことによる、自己肯定感の向上
  • 患者や利用者との親密な関係による、愛情や承認欲求の満たされ感
  • 患者や利用者への同情や憐憫の気持ちによる、保護欲求の強さ

ナイチンゲール症候群は、本人にとっても周囲の人々にとっても、大きな負担となる可能性があります。

本人は、恋愛感情や性的感情を抱いていることを自覚していることから、罪悪感や葛藤に苦しむことがあります。また、周囲の人々は、本人の行動に戸惑ったり、困惑したりしてしまうことがあります。

ナイチンゲール症候群を予防するためには、以下のようなものが効果的です。

  • 患者や利用者との適切な距離感を保つ
  • 医療職としての役割と責任を明確に持つ
  • 自分の感情を客観的に見つめ、コントロールする

ナイチンゲール症候群を克服するためには、以下のようなものが効果的です。

  • 信頼できる人に相談する
  • カウンセリングを受ける
  • 自身のキャリアや人生について考える

ナイチンゲール症候群は、決して珍しい症状ではありません。

もし、ナイチンゲール症候群の疑いがある場合は、一人で抱え込まずに、専門家に相談するようにしましょう。

参考URL:
ナイチンゲール症候群 - Wikipedia