「えーと」が口癖の人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

「えーと」が口癖の人の心理は、大きく分けて以下の2つに分けられます。

情報処理のための時間稼ぎ

「えーと」は、話す前に言葉や考えを整理するための時間稼ぎとして使われることがあります。考えていることをすぐに言葉にできない、言葉にするとうまく伝えられないという不安や、相手に失礼なことを言っていないかといったプレッシャーから、つい「えーと」が出てしまうものです。

コミュニケーションの潤滑油

「えーと」は、沈黙を埋めるために使われることもあります。話すタイミングがつかめず、つい「えーと」を連発してしまうのです。また、相手に丁寧な印象を与えるために、言葉をつなぐ際に「えーと」を使う人もいます。

具体的には、以下の心理が考えられます。

自信がない

「えーと」は、自信がない人の口癖としてよく挙げられます。自分の考えや意見に自信が持てず、話す前に「えーと」で言葉を濁してしまうのです。

緊張している

「えーと」は、緊張している人の口癖としてもよく挙げられます。話す場面で緊張すると、思考がまとまりにくくなり、つい「えーと」が出てしまいます。

余裕がない

「えーと」は、余裕がない人の口癖としてもよく挙げられます。時間に追われたり、心身ともに疲れていたりするとき、話す前に「えーと」で間を取ってしまうのです。

「えーと」が口癖になっている人は、相手に与える印象を良くするためにも、口癖を直す努力をしてみるのも良いでしょう。具体的には、以下の方法が有効です。

  • 話す前に、頭の中で話す内容を整理する

  • 話す前に、深呼吸をする

  • 話す前に、相手に「ちょっと待ってください」と伝える

また、口癖を直すためには、意識的に「えーと」を使わないようにする練習も必要です。例えば、1日10回、「えーと」を使わないように意識して話す練習をしてみるのも良いでしょう。

参考URL:
「えっと」が口癖の人の心理・特徴10コ-コミュ力向上ならMayonez