新奇恐怖

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

新奇恐怖とは?

新奇恐怖(しんききょうふ)は、恐怖感を引き起こす要素が新しく、未知のものであることを指します。この用語は、小説、映画、テレビ番組、ゲームなどのフィクション作品において使われることがあります。

新奇恐怖は、一般的な恐怖とは異なり、通常、伝統的なホラーやスリラーの要素からは逸脱しています。新奇恐怖は、視聴者や読者にとって予測不可能な要素や驚きを提供し、不気味さや不安感を引き起こすことがあります。

例えば、未知の生物や異次元の存在、超常現象、心理的な変調、怪奇な技術、奇妙な現象などが新奇恐怖の要素として使用されることがあります。これらの要素は、一般的な恐怖のステレオタイプを超えたものであり、読者や視聴者に対して新たな驚きや恐怖をもたらすことがあります。

新奇恐怖は、創造的な表現の一つとして広く利用されており、ホラー作品やサイエンスフィクション作品などでよく見られます。作品に新奇恐怖の要素を取り入れることで、読者や視聴者は新たな体験や感情を味わうことができます。

https://www.weblio.jp/content/%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%93%E3%82%A2