「とりあえず」が口癖の人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

「とりあえず」が口癖の人の心理は、大きく分けて以下の3つが考えられます。

  • 判断や決断を先延ばしにしたい
    「とりあえず」という言葉は、何かを決断したり判断したりする際に、その場しのぎの対応をすることを意味します。そのため、「とりあえず」が口癖の人は、何かを決めたり判断したりするのが苦手で、先延ばしにしたいと思っている可能性があります。

  • 責任を回避したい
    「とりあえず」という言葉は、責任を回避する際にも使われます。たとえば、何かを頼まれたとき、「とりあえずやってみます」と答えることで、責任を負わずに済ませようとしている可能性があります。

  • 楽観的に物事を捉えている
    「とりあえず」という言葉は、物事を深く考えずに、楽観的に捉えている際にも使われます。たとえば、何かを決めるとき、「とりあえずやってみて、ダメだったら考えればいい」と考えることで、後先考えずに行動しようとしている可能性があります。

もちろん、これらの心理がすべて当てはまるとは限りません。また、状況によっても心理は変わってきます。たとえば、仕事で急ぎの仕事を頼まれたとき、「とりあえずやってみます」と答えるのは、判断や決断を先延ばしにしたいという心理ではなく、責任を回避したいという心理である可能性があります。

「とりあえず」が口癖の人を理解するためには、その人の言動や状況をよく観察することが大切です。

参考URL:
【口癖の心理】とりあえずを使う人の心理と特徴。 | メキャリー