ゲシュタルト要因とは、人間の知覚において、多数の刺激が存在するとき、それらは個々に知覚されるのではなく、より大きな範囲のいくつかの群として知覚される傾向があり、そのまとまりを決定するもの

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ゲシュタルト要因とは、人間の知覚において、多数の刺激が存在するとき、それらは個々に知覚されるのではなく、より大きな範囲のいくつかの群として知覚される傾向があり、そのまとまりを決定するものを「ゲシュタルト要因(Gestalt Factor)」と呼んでいます。

ゲシュタルト心理学では、人間の知覚は、単なる刺激の集合ではなく、全体としてまとまりのある形で知覚されるという考え方をしています。この考えに基づいて、ゲシュタルト心理学者たちは、人間の知覚において、どのような要因がまとまりを決定するのかを研究してきました。

ゲシュタルト要因には、大きく分けて以下の5つの種類があります。

  • 近接の要因:距離が近いもの同士がまとまって認識される
  • 類似の要因:色や形、方向などが似ている同士がまとまって認識される
  • 閉合の要因:閉じて完結した形が認識される
  • 連続の要因:繋がりの良い形が認識される
  • 共通運命の要因:同じ方向に動いたり点滅したりするものは仲間と認識される

これらの要因は、いずれも、人間の知覚において、刺激を単なる集合ではなく、まとまりのある形として知覚させるために働いています。

ゲシュタルト要因は、日常生活のあらゆる場面で働いています。例えば、以下のような例が挙げられます。

  • 道路標識の形や色は、識別しやすくなるように設計されています。これは、類似の要因と接近の要因が働いている例です。
  • 顔の認識は、閉合の要因と類似の要因が働いている例です。
  • 音楽の旋律は、連続の要因が働いている例です。

ゲシュタルト要因は、デザインやマーケティングなどの分野でも活用されています。例えば、以下のような例が挙げられます。

  • ウェブサイトのデザインでは、近接の要因と類似の要因を利用して、ユーザーが情報を探しやすくする工夫がされています。
  • 商品パッケージのデザインでは、閉合の要因を利用して、商品の印象を強くする工夫がされています。
  • 広告では、共通運命の要因を利用して、商品やサービスを印象づける工夫がされています。

このように、ゲシュタルト要因は、人間の知覚や行動に大きな影響を与えています。

参考URL:
ゲシュタルト要因(ゲシュタルトよういん)とは? 意味や使い方 - コトバンク

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5