コーヒーナップ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

コーヒーナップとは?

「コーヒーナップ(Coffee Nap)」は、睡眠効果を高めるための一つの方法です。コーヒーナップは、コーヒーを摂取した後に短い時間の睡眠をとることで、目覚めた後の覚醒感や注意力を向上させる効果が期待されています。

一般的な手順は以下の通りです:

コーヒーを摂取する: 約150〜200mgのカフェインを含むコーヒーを飲みます。カフェインは中枢神経系に作用して覚醒感を高める働きがあります。

睡眠をとる: コーヒーを摂取した後、できるだけ速やかに短い時間の睡眠をとります。一般的には15〜20分程度が推奨されます。

目覚める: 睡眠時間が経過した後に目を覚まし、コーヒーの効果と睡眠の回復感を同時に得ることができます。

なぜコーヒーナップが効果的なのかについては、カフェインの作用と睡眠の効果が組み合わさることによると考えられています。コーヒーを摂取するとカフェインが消化吸収され、中枢神経系に作用して覚醒感をもたらします。一方、短い時間の睡眠は一時的に疲労を回復させ、注意力やパフォーマンスを向上させる効果があります。したがって、コーヒーナップを行うことで、カフェインの効果がピークに達する頃に睡眠から目覚め、より覚醒度が高まるとされています。

ただし、個人によって効果や感じ方は異なる場合があります。また、長時間の睡眠や大量のカフェイン摂取は、夜間の睡眠に悪影響を及ぼす可能性があるため、適度な範囲で行うことが重要です。

https://news.mynavi.jp/article/20200909-1257180/