262の法則

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

262の法則とは、あらゆる集団において、パフォーマンス(生産性)が良い人が2割、パフォーマンスが中くらいの人が6割、パフォーマンスが悪い人が2割の割合で存在するという経験則です。この法則は、19世紀にイタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートによって提唱されました。パレートは、イタリアの農地の所有分布を調査した結果、2割の富裕層が農地の8割を所有していることを発見しました。これを「パレートの法則」と呼び、この法則は、その後様々な分野で応用されています。

262の法則は、ビジネスや組織運営において、非常に重要な法則です。この法則を理解することで、組織のパフォーマンスを向上させることができます。たとえば、2割の優秀な社員に集中的にトレーニングや支援を行うことで、組織全体のパフォーマンスを向上させることができます。また、2割の不良社員を早期に退職させれば、組織のパフォーマンスを向上させることができます。

262の法則は、あくまで経験則であり、必ずしもすべての集団に当てはまるとは限りません。しかし、この法則を理解することで、組織のパフォーマンスを向上させるためのヒントを得ることができます。

https://www.kaonavi.jp/dictionary/262nohosoku/