集団間葛藤

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

集団間葛藤とは、異なる集団間で生じる対立や敵意のことです。戦争や民族紛争が代表的な例ですが、組織内の部門間対立や不良集団間の諍い、さらには近年問題視されている他国民・他人種へのヘイトスピーチなども一種の集団間葛藤です。

集団間葛藤の原因は、大きく分けて2つあります。1つは、現実的葛藤です。これは、2つの集団が競合する資源や利益をめぐって争う場合に生じます。例えば、2つの国が同じ領土をめぐって争う場合や、2つの会社が同じ市場をめぐって競争する場合などがこれに当たります。

もう1つは、認知的葛藤です。これは、2つの集団が異なる価値観や信念を持つ場合に生じます。例えば、異なる宗教や民族の間で生じる対立や、政治的な意見が異なる人々間の対立などがこれに当たります。

集団間葛藤は、さまざまな形で社会に悪影響を及ぼします。例えば、戦争や紛争は多くの人々の命や財産を奪い、組織内の対立は生産性の低下や退職率の増加につながります。また、ヘイトスピーチは差別や排斥を助長し、社会の分断を深めます。

集団間葛藤を解決するためには、現実的な利益の調整や、価値観や信念の違いを理解し合うことが大切です。また、対話や交流を通じて、互いの理解を深めることも効果的です。

https://www.socialpsychology.jp/ronbun_news/31_03_02.html