ジャン・ピアジェ

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

ジャン・ピアジェ(Jean Piaget、1896年8月9日 - 1980年9月16日)は、スイスの心理学者。20世紀において最も影響力の大きかった心理学者の一人です。

知の個体発生としての認知発達と、知の系統発生としての科学史を重ね合わせて考察する発生的認識論(genetic epistemology)を提唱しました。発達心理学者としては、「質問」と「診断」からの臨床的研究の手法を確立しました。教育理論における構成主義、子どもの言語、世界観、因果関係、数や量の概念などの研究を展開しました。

ピアジェの認知発達理論は、子どもの思考は大人とは大きく異なるとし、誕生から青年期までの認知発達を「感覚運動期」「前操作期」「具体操作期」「形式的操作期」の4つの段階に分類しました。

  • 感覚運動期(0歳~2歳)
    感覚と運動を通して世界を認識する。

  • 前操作期(2歳~7歳)
    言語や象徴的思考が発達するが、まだ論理的な思考はできない。

  • 具体操作期(7歳~11歳)
    具体的な事柄を論理的に考えることができるようになる。

  • 形式的操作期(11歳~15歳以降)
    抽象的な事柄を論理的に考えることができるようになる。

ピアジェの認知発達理論は、教育学や心理学の分野に大きな影響を与えました。子どもの認知発達を理解することで、子どもに適した教育方法や支援方法を検討することができます。

ピアジェは、子どもの認知発達を「同化」と「調節」という二つのプロセスによって説明しました。

  • 同化
    新しい情報を既存の知識体系に組み込むこと。

  • 調節
    既存の知識体系を新しい情報に合わせて修正すること。

子どもは、周囲の環境からの刺激を受けながら、同化と調節のプロセスを繰り返しながら認知発達を遂げていきます。

ピアジェの認知発達理論は、子どもの成長と発達を理解する上で重要な理論です。

参考URL:
ジャン・ピアジェ - Wikipedia