ホーソン効果とは、他者からの注目に応えようと力を発揮し、よい結果につながる現象のこと

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ホーソン効果とは、他者からの注目に応えようと力を発揮し、よい結果につながる現象のことを指します。

1924年から1932年にかけて、アメリカのホーソン工場で行われた実験から発見されたため、この名があります。この実験では、照明の明るさを段階的に変化させたり、休憩時間や休憩の長さを変化させたりしながら、労働者の作業効率を測定しました。しかし、いずれの場合も、照明の明るさや休憩時間の変化と関係なく、労働者の作業効率は向上しました。

この結果を解釈したホーソン研究所の研究者たちは、労働者たちは、自分たちが実験の対象に選ばれたことにより、周囲からの注目や期待を感じ、その期待に応えようと力を発揮したのではないかと考えました。これがホーソン効果です。

ホーソン効果は、以下の2つの要因によって生じると考えられています。

  • 期待効果
    人は、期待されていることにはよりよく対応しようとする傾向があります。ホーソン効果は、労働者たちが周囲からの期待を感じたことで、その期待に応えようと力を発揮したという、期待効果の現れと考えられています。

  • 内発的動機付け
    人は、自分の仕事にやりがいを感じることで、より高いパフォーマンスを発揮する傾向があります。ホーソン効果は、労働者たちが自分たちの仕事に注目され、期待されていることで、仕事にやりがいを感じ、その結果、高いパフォーマンスを発揮したという、内発的動機付けの現れと考えられています。

ホーソン効果は、ビジネスや教育、医療など、さまざまな場面で応用されています。例えば、

  • ビジネスでは、従業員のモチベーションを高めるために、従業員の成果を評価したり、従業員の意見を積極的に聞いたりすることで、ホーソン効果を活用することができます。
  • 教育では、生徒の学習意欲を高めるために、生徒の成果をフィードバックしたり、生徒の主体性を重視したりすることで、ホーソン効果を活用することができます。
  • 医療では、患者の回復を促すために、患者に安心感を与えたり、患者の治療への意欲を高めたりすることで、ホーソン効果を活用することができます。

ホーソン効果を理解することで、より効果的なコミュニケーションやマネジメントを行うことができるでしょう。

参考URL:
ホーソン効果とは?【ピグマリオン効果との違い】具体例 - カオナビ人事用語集