感情的決めつけ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

感情的決めつけとは、自分の感情をあたかも事実を裏付ける証拠のように思い込んで、決めつけてしまう思考パターンです。

例えば、「仕事でミスをしてしまった。だから自分はダメ人間だ。」や「友達と喧嘩してしまった。だからもう友達はいない。」といったように、自分の感情を客観的に捉えることなく、ネガティブな感情を現実のものと捉えてしまうことです。

感情的決めつけは、誰でも時々してしまうものです。しかし、これが癖になると、自分や周囲の人間に対してネガティブな感情を抱きやすくなり、うつ病や不安障害などの精神疾患を引き起こす原因にもなります。

感情的決めつけを避けるためには、自分の感情を客観的に捉えようとすることが大切です。そのためには、以下のことに気をつけてみましょう。

自分の感情に名前を付ける
感情の原因を探る
感情の理由を客観的に考える
感情を否定せず、受け入れる
また、認知行動療法などの心理療法を受けることで、感情的決めつけを改善することもできます。

https://www.heartfullife.jp/glossary/%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E3%81%AE%E5%81%8F%E3%82%8A%E3%80%90%E6%84%9F%E6%83%85%E7%9A%84%E6%B1%BA%E3%82%81%E3%81%A4%E3%81%91%E3%80%91/