カオの法則

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

カオの法則とは?

「カオの法則(Kao's Law)」は、製品やサービスの品質に関する経済学者カオ・チャオリン(Kao Chao-Lin)によって提唱された法則です。この法則は、製品の品質が向上するにつれて、消費者の満足度は急速に増加するが、一定の水準を超えるとその増加率は鈍化するという内容を指しています。

カオの法則は、品質と満足度の関係性を表すモデルとして捉えられます。具体的には、以下のような特徴があります:

品質の向上と満足度の増加: 製品やサービスの品質が向上すると、消費者の満足度も増加します。品質の改善により、性能や機能、信頼性、耐久性などが向上し、消費者のニーズや期待に応えることができます。

増加率の鈍化: 品質が一定の水準を超えると、満足度の増加率は鈍化します。つまり、初期の品質向上に比べて、追加の改善や投資による満足度の向上は効果が低下する傾向があるとされます。

カオの法則は、企業や製品開発者にとって重要な洞察を提供します。品質の向上は顧客の満足度に直結し、競争力や市場シェアの獲得につながることが示唆されます。しかし、限られたリソースを最適に活用するためには、品質向上の努力において適切なバランスを見つける必要があります。カオの法則を考慮に入れることで、最適な品質レベルや投資戦略を選択する上での参考となるでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87#:~:text=%E6%A6%82%E8%A6%81,%E6%97%A9%E3%81%8F%E5%A2%97%E5%8A%A0%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%82%82%E3%81%AE%E3%80%82