クラスター錯覚

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

クラスター錯覚とは?

クラスター錯覚(クラスターさくかく、英: Cluster illusion)は、集合やパターンがランダムなように見えるにも関わらず、私たちの脳がそれらをグループとしてまとめようとする傾向を指します。この現象により、実際にはランダムに配置された要素が、私たちにはパターンやクラスターとして認識されることがあります。

クラスター錯覚は、人々が情報を整理し、意味を見出そうとする脳の自然な傾向に関連しています。私たちの脳は、パターン認識や情報処理を効率的に行うように進化してきたため、不規則なデータや刺激をもとにしても、パターンやクラスターを見つけようとするのです。

この錯覚は、視覚的な情報だけでなく、音響や言語などの他の感覚でも起こります。例えば、ランダムな音の連続を聞いていると、私たちの脳はそこにリズムやメロディのパターンを見出そうとします。また、ランダムな単語のリストを見た場合でも、私たちの脳は関連性やパターンを見つけようとします。

クラスター錯覚は、パターン認識の進化的な利点と同様に、誤解や判断のバイアスをもたらすこともあります。私たちが偶然の一致をパターンとして解釈することで、意味のない相関や偏見を生じさせることがあります。

重要なのは、クラスター錯覚に気づき、客観的なデータや証拠に基づいて判断することです。科学的な研究や分析を通じて、実際のパターンや関連性を正確に評価することが重要です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E9%8C%AF%E8%A6%9A