メディアバイアスとは、マスメディアが情報を伝えるときに、情報源のどの部分を取捨選択して伝えるかに生じるゆがみ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

メディアバイアスとは、マスメディアが情報を伝えるときに、情報源のどの部分を取捨選択して伝えるかに生じるゆがみです。

メディアバイアスは、さまざまな要因によって生じます。

ジャーナリストの意識や価値観

ジャーナリストは、それぞれの意識や価値観に基づいて、取材対象や取材内容を決定します。そのため、ジャーナリストの意識や価値観が報道に反映されることがあります。

メディアの経営方針

メディアは、広告収入や視聴率などの利益を追求するため、人々の関心を引くような報道をすることが求められます。そのため、センセーショナルな報道や、特定の視点に偏った報道が行われることがあります。

情報源の偏り

メディアは、情報源として、政府や企業、政治団体など、さまざまな組織や個人から情報を得ています。これらの組織や個人は、それぞれに意図や目的を持っているため、情報源の偏りが報道に反映されることがあります。

メディアバイアスは、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。

情報の偏り

メディアバイアスによって、事実に基づかない情報や、特定の視点に偏った情報が流布される可能性があります。これにより、人々の判断や行動に誤りが生じる可能性があります。

社会の分断

メディアバイアスによって、異なる価値観を持つ人々の間の対立が深まる可能性があります。これにより、社会の分断が進む可能性があります。

メディアバイアスを防ぐためには、メディアの自主規制や、メディアリテラシー教育などの取り組みが必要です。

メディアリテラシー教育とは、メディアの特性や報道の仕組みを理解し、メディア情報を批判的に読み取る力を身につける教育です。メディアリテラシー教育によって、人々がメディアバイアスを理解し、メディア情報を適切に活用できるようになることが期待されています。

参考URL:
メディア・バイアス - Wikipedia