ゴルディロックス効果とは、3つの選択肢があった場合、人間は真ん中の選択肢を選びやすいという心理効果のこと

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ゴルディロックス効果とは、3つの選択肢があった場合、人間は真ん中の選択肢を選びやすいという心理効果のことです。

この効果は、19世紀のアメリカの心理学者、ウィリアム・ジェームズによって提唱されました。ジェームズは、人間は物事を相対的に判断する傾向があり、選択肢が3つの場合、極端な選択肢(安すぎるもの、高すぎるもの)は、どちらも望ましくないと判断し、真ん中の選択肢を選ぶと考えました。

ゴルディロックス効果は、さまざまな場面で確認されています。例えば、

  • 商品の価格:同じ商品を3つの価格帯で販売した場合、真ん中の価格帯の商品が最も売れる傾向があります。

  • 温度:同じ部屋の温度を3つの温度帯で設定した場合、真ん中の温度帯が最も快適に感じる傾向があります。

  • 音量:同じ音量を3つの音量帯で設定した場合、真ん中の音量帯が最も聞きやすい傾向があります。
    ゴルディロックス効果は、マーケティングやデザインなどの分野で応用されています。例えば、

  • マーケティング:商品の価格帯を3つに設定することで、より多くの消費者に購入を促すことができます。

  • デザイン:商品やサービスのデザインを、ゴルディロックス効果を考慮することで、より多くの消費者に受け入れられるデザインにすることができます。

ゴルディロックス効果は、人間の心理的な特徴に基づく効果であるため、さまざまな場面で活用することができます。

参考URL:
ゴルディロックス効果 - 一般社団法人日本経営心理士協会