足を組む人の心理

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

足を組む人の心理は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  • リラックスしている
    足を組むのは、体の防御本能からくるもので、体を守るために内側に引き込む動作です。そのため、足を組んでいる人は、相手に対して安心感を持っていることが考えられます。友人や家族など心許した相手の前では、くつろいだ姿勢で会話をすることが多いもの。足を組んだり、頬杖をついたりしながら話をするのは、それだけ距離が近い関係性ということができます。

  • 足を組むのが癖になっている
    足を組むのが癖になっている人もいます。この場合、心理的な理由ではなく、単に体のバランスを取るためや、疲れを解消するためなどの理由で足を組んでいると考えられます。

  • 相手を拒絶している
    足を組むと、足が前に出るため、相手との間に距離が作られます。そのため、足を組む行為には、相手への拒絶感が隠されていることもあります。例えば、会議の最中に足を組み出したら、集中力が欠けているサインだという説もあります。また、足をキュッと組んで動かないのは、相手に心を開きたくないという気持ちがあらわれていることも。

また、男女によっても足を組む心理に違いがあると言われています。男性は、自信や力強さをアピールするために足を組むことが多いと言われています。一方、女性は、脚を強調して魅力をアピールするために足を組むことが多いと言われています。

このように、足を組む人の心理は、その状況や周囲の環境、本人の性格などによって様々です。そのため、足を組んでいる人の心理を正確に判断するのは難しいと言えます。

参考URL:
足を組む人の心理とは? 男女による違いや脈ありサインを紹介 | Oggi.jp

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5