鼻を触る人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

鼻を触る人の心理は、大きく分けて以下の3つと考えられます。

  • 不安や緊張
    鼻を触るのは、不安や緊張を感じているときによく見られる仕草です。鼻は、自律神経の交感神経が集中する部位です。不安や緊張を感じると、交感神経が活発になり、鼻がムズムズすることがあります。また、鼻を触ることで、不安や緊張を和らげようとしているとも考えられます。

  • 嘘をついている
    嘘をつくときは、交感神経が活発になり、鼻がムズムズすることがあります。また、鼻を触ることで、嘘をついている自分を落ち着かせようとしているとも考えられます。

  • 無意識の癖
    鼻を触るのは、無意識の癖である可能性もあります。特に、鼻を触る癖がある人は、会話中に鼻を触ることが多い傾向があります。

具体的には、以下の場面で鼻を触る人が多いと言われています。

  • 初対面の人や目上の人と話すとき
  • 緊張する場面で話すとき
  • 嘘をついているとき
  • 考え事をしたり、迷ったりしているとき

もちろん、鼻を触る人の心理は、これらの3つに当てはまらないこともあります。また、鼻を触る頻度や触り方によっても、心理は異なります。

例えば、会話中に鼻を触る頻度が多い場合は、嘘をついている可能性が高いと言えます。また、鼻を触る際に、指の腹で鼻の穴を押さえる場合は、不安や緊張を感じている可能性があります。

相手の心理を知るためには、鼻を触る頻度や触り方だけでなく、その場の状況や相手の表情などを総合的に判断することが大切です。

参考URL:
男性・女性別13この『鼻を触る深層心理』を知って恋愛・仕事に活かそう!