スキンシップが多い人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

スキンシップが多い人の心理は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  • 愛情表現
    スキンシップは、愛情表現のひとつです。好きな人や大切な人との距離を縮めたい、気持ちを伝えたい、安心感を与えたい、などといった気持ちから、スキンシップをする人は少なくありません。

  • 安心感や親密感を求める
    スキンシップは、安心感や親密感を与えてくれます。触れ合うことで、心身ともにリラックスしたり、相手とのつながりを感じたりすることができます。そのため、スキンシップが多い人は、安心感や親密感を求める人であることが多いです。

  • 独占欲や支配欲
    スキンシップは、相手を独占したい、支配したいという気持ちの表れにもなります。相手を自分だけのものにしたい、自分の思い通りにしたい、などといった気持ちから、スキンシップをする人はいます。

具体的なスキンシップの種類や頻度によっても、心理は変わってきます。たとえば、手をつなぐ、ハグする、キスをするなどのスキンシップは、一般的に愛情表現や安心感を求める気持ちの表れとされています。また、人前でスキンシップをすることが多い人は、独占欲や支配欲が強い傾向にあると言われています。

なお、スキンシップの多さは、文化や個人の性格によっても異なります。たとえば、欧米では日本に比べてスキンシップが一般的であると言われています。また、人見知りな人やコミュニケーションが苦手な人は、スキンシップを避ける傾向があります。

そのため、スキンシップが多い人の心理を判断する際には、これらの要素も考慮する必要があります。

参考URL:
スキンシップの多さは独占欲の表れ!男性心理やコントロール方法を解説 - RAYSEEメディア