「それこそ」が口癖の人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

「それこそ」は、「そのことこそ」の略で、「そのことを強調する」という意味があります。そのため、「それこそ」が口癖の人は、以下のような心理を持っていると考えられます。

  • 自分の考えや主張を強調したい
  • 手に同意してもらいたい
  • 自分の意見を主張したい
  • 相手に自分の考えを理解してもらいたい

具体的には、以下のような場面で「それこそ」を使うことが多いと考えられます。

  • 自分の意見を述べた後、相手に同意してもらいたいとき

  • 相手の意見に賛同するとき

  • 自分の考えを主張したいとき

  • 相手の考えを理解してもらいたいとき

  • A: 今日は天気がいいですね。

  • そうですね。それこそ、散歩に行こうかなと思っています。

この場合、BはAの意見に賛同し、さらに散歩に行こうという自分の考えを主張しています。

また、以下のような会話でも「それこそ」が使われることがあります。

  • A: あの映画、面白かったですよね。
  • B: そうですよ。それこそ、また観たいと思いました。

この場合、BはAの意見に同意し、さらにもう一度映画を観たいという自分の考えを主張しています。

もちろん、口癖は人によって使い方が異なるため、必ずしも上記の心理が当てはまるとは限りません。しかし、一般的には「それこそ」は、自分の考えや主張を強調するときに使われることが多く、その心理としては、自分の意見を相手に理解してもらいたい、自分の考えを主張したいという気持ちが考えられます。

参考URL:
「それこそ」が口癖の人の心理・性格的特徴を紹介!