恐怖モチベーション

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

恐怖モチベーションとは?

恐怖モチベーション(Fear Motivation)は、恐怖や不安を基盤として行動を促すモチベーションの一形態を指します。人々は恐怖や不安を感じることで、回避行動や対処行動をとり、自身や他者の安全や生存を確保しようとする傾向があります。

恐怖モチベーションは、生物の本能的な生存本能や防衛メカニズムに関連しています。人々は危険や脅威を感じた際に、生理的な反応(心拍数の上昇、筋肉の緊張など)や心理的な警戒状態を引き起こし、それに対処するための行動をとります。

恐怖モチベーションは、さまざまな形で現れます。例えば、個人が身体的な危険を回避するために、安全対策をとることや避難することが挙げられます。また、社会的な恐怖や不安を感じる場合には、自己防衛や他者への支援行動を行うことがあります。恐怖はまた、目標達成のための動機付け要素としても機能する場合があります。例えば、失敗や懲罰を恐れることで、人々は成功を追求する動機を持つことがあります。

ただし、恐怖モチベーションは常に望ましいわけではありません。恐怖に基づくモチベーションは、一時的な対応や危機的な状況に適している場合がありますが、長期的なモチベーションや持続的な幸福には適していない場合があります。持続的な成長や達成感を促進するためには、ポジティブな動機付け要素(例:興味・喜び・達成感)も重要です。

恐怖モチベーションは個人や状況によって異なります。人々は異なる恐怖の要因や度合いに反応するため、一般化することは難しいです。また、恐怖をモチベーションとして利用する際には、倫理的な考慮やバランスが必要です。

https://jp.indeed.com/career-advice/career-development/fear-motivation