サイン理論とは、競馬の勝ち馬予想の手法の一つ

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

サイン理論とは、競馬の勝ち馬予想の手法の一つです。

「メインレースの多くではレース前から既に勝ち馬や勝利する騎手が決まっており、特定の者に主催者または競馬の神様がサインを出して教えている」という発想の下で予想を行い、馬券を購入する手法です。

サイン理論の代表的な手法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 馬名や騎手名にサインがある
  • レースの条件や天候にサインがある
  • レース当日の世相やニュースにサインがある

サイン理論は、一般的に穴馬を探すための手法として用いられます。しかし、人気馬を本命視する根拠の補強のために用いられることもあります。

サイン理論は、科学的な根拠に基づいたものではなく、あくまでも験担ぎや占いのようなものです。そのため、的中率は高いとは言えません。

しかし、サイン理論をうまく活用することで、的中率を高める可能性もあるとされています。

サイン理論の具体的な手法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 馬名にサインがある
    馬名に、勝利を暗示するような言葉や漢字が含まれている場合、サインであると考えることがあります。

たとえば、2023年の有馬記念で、人気を集めた馬名に「キラーアロー」「エフフォーリア」「ブラストワンピース」などがありました。

騎手名にサインがある
騎手名に、勝利を暗示するような言葉や漢字が含まれている場合、サインであると考えることがあります。

たとえば、2023年の有馬記念で、人気を集めた騎手名に「武豊」「横山武史」「ルメール」などがありました。

  • レースの条件や天候にサインがある
    レースの条件や天候が、ある馬や騎手に有利になる場合、サインであると考えることがあります。

たとえば、2023年の有馬記念では、良馬場で行われることがサインであると考える人が多くいました。

  • レース当日の世相やニュースにサインがある
    レース当日の世相やニュースが、ある馬や騎手に有利になる場合、サインであると考えることがあります。

たとえば、2023年の有馬記念では、日本経済の好調がサインであると考える人が多くいました。

サイン理論は、競馬ファンの間では、古くから親しまれている予想手法です。

科学的な根拠に基づいたものではありませんが、サイン理論をうまく活用することで、的中率を高める可能性もあるとされています。

参考URL:
サイン理論 - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5