助けたい症候群とは、誰かを助けたいという気持ちが強すぎるために、自分自身を犠牲にしてまで助けようとする状態

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

助けたい症候群とは、誰かを助けたいという気持ちが強すぎるために、自分自身を犠牲にしてまで助けようとする状態を指す言葉です。

助けたい症候群の具体的な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 誰かが困っている姿を見ると、放っておけなくなる
  • 自分の時間を割いてまで、誰かの助けをしようとしてしまう
  • 自分の気持ちを押し殺して、誰かの助けをしようとしてしまう

助けたい症候群は、以下の要因によって引き起こされると考えられています。

  • 自己肯定感の低さ:自分自身を価値ある存在だと感じられず、他人を助けることで、自分の存在価値を認めようとする
  • 共感性の高さ:他人の苦しみや困難を自分のことのように感じてしまう
  • コントロール欲求の強さ:他人を助けることで、自分のコントロール欲求を満たそうとする

助けたい症候群は、以下の問題を引き起こす可能性があります。

  • 自己犠牲による心身の疲弊
  • 人間関係のトラブル
  • うつ病や不安障害などの精神疾患

助けたい症候群を予防するためには、以下のようなものが効果的です。

  • 自分の価値を認め、自分自身を大切にする
  • 他人の苦しみや困難に共感しつつも、自分の感情をコントロールできるようにする
  • 他人を助けることだけが、人生の目的ではないことを理解する

助けたい症候群を発症した場合は、以下のようなものが効果的です。

  • 自分の気持ちを客観的に見つめ、助けたいという気持ちの原因を理解する
  • 自分を大切にする時間を作り、自分をいたわる
  • 専門家の助けを求める

助けたい症候群は、決して悪いことではありません。しかし、自分自身を犠牲にしてまで助けようとすると、心身の健康を損なう可能性があります。自分を大切にしながら、誰かを助けることができるようにしましょう。

助けたい症候群の人は、以下のことに注意するとよいでしょう。

  • 自分の限界を理解する
  • 誰かを助ける前に、自分自身や家族のケアを優先する
  • 他人に助けを求めることも大切にする

助けたい症候群は、誰にでも起こり得る現象です。一人で抱え込まずに、周囲の人に相談したり、専門家の助けを求めたりして、克服していきましょう。

参考URL:
助けたい症候群に陥らずに済む方法|根本裕幸