ルサンチマン症候群とは、弱者が強者に対して、「憤り・怨恨・憎悪・非難」の感情を持つこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ルサンチマン症候群とは、フランス語の「ressentiment」を日本語に訳した言葉で、主に弱者が強者に対して、「憤り・怨恨・憎悪・非難」の感情を持つことを指します。

ルサンチマン症候群の人は、以下のような特徴があります。

  • 自分よりも強者に対して、ねたみやそねみ、憎悪などの感情を抱く
  • 強者を攻撃したり、陥れたりしようとする
  • 自分は被害者であり、強者は加害者であるという被害者意識を持つ

ルサンチマン症候群の原因は、さまざまに考えられます。

  • 幼少期の家庭環境や親子関係
  • 学校や職場での経験
  • 自己肯定感の低さ
  • 完璧主義

ルサンチマン症候群は、本人にとっても周囲の人々にとっても、大きな負担となる可能性があります。

本人は、不安や焦燥感にさいなまれ、自信を失い、仕事や学業に支障をきたすことがあります。また、周囲の人々は、本人の行動に戸惑ったり、困惑したりしてしまうことがあります。

ルサンチマン症候群を克服するためには、以下のようなものが効果的です。

  • 自分の感情や考えを客観的に見つめ、その原因を理解する
  • 自分は被害者ではなく、自らの行動に責任を持つ
  • 自分は強者にも弱者にもなり得ることを理解する

ルサンチマン症候群は、決して克服できないものではありません。

本人の強い意志と、周囲の理解と協力があれば、克服することは可能です。

ルサンチマン症候群は、比較的多くの人が経験する心理状態です。

もし、自分自身や周囲の人がルサンチマン症候群に悩んでいる場合は、一人で抱え込まずに、専門家の助けを求めるようにしましょう。

参考URL:
【クンダリーニ覚醒のやり方/クンダリーニ症候群の治し方】クンダリーニ覚醒するとどうなる?前兆体感&チャクラ解放と昇華!人生最高の瞑想体験でクンダリーニ覚醒できる - Dream Art Laboratoryのプレスリリース

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5