スタンダール症候群は、美術作品や建築物などの芸術鑑賞中に、強烈な感情的反応を示す精神医学的状態

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

スタンダール症候群は、美術作品や建築物などの芸術鑑賞中に、強烈な感情的反応を示す精神医学的状態です。

この症候群は、フランスの作家であるスタンダールが、1817年にイタリアのフィレンツェを訪れた際に、サンタ・クローチェ聖堂のジョットのフレスコ画に感動して、動悸やめまい、失神などの症状を呈したことが由来となっています。

スタンダール症候群の症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 動悸やめまい
  • 吐き気や嘔吐
  • 幻覚や錯覚
  • 不安や恐怖
  • 孤独感や疎外感

スタンダール症候群の原因は、明確にはわかっていませんが、以下のようなものが考えられます。

  • 芸術作品の美しさに圧倒されることによる
  • 芸術作品と自分の人生を重ね合わせることによる
  • 芸術作品を鑑賞する際に、過度に緊張することによる

スタンダール症候群は、決して珍しい症状ではありません。

実際に、フィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂や、ローマのヴァティカン美術館など、世界各地の観光地で、スタンダール症候群の症状を呈する観光客が報告されています。

スタンダール症候群の対策としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 芸術作品を鑑賞する際に、無理のないペースで鑑賞する
  • 芸術作品と自分の人生を重ね合わせすぎないようにする
  • 芸術作品を鑑賞する際に、過度に緊張しないようにする

また、スタンダール症候群の症状が重い場合は、精神科や心療内科を受診するようにしましょう。

参考URL:
スタンダール症候群 | 東京医科大学 整形外科学分野

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5