計画的偶発性理論とは、スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授らが提唱した、キャリア論に関する考え方

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

計画的偶発性理論とは、スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授らが提唱した、キャリア論に関する考え方です。

計画的偶発性理論によると、個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定されます。その偶然を計画的に設計し、自分のキャリアを良いものにしていこうという考え方です。

計画的偶発性理論の基本的な考え方は、以下のとおりです。

  • 個人のキャリアは、偶然と計画の両方によって形成される
  • 偶然をチャンスと捉え、積極的に活用することが重要
  • そのためには、柔軟性と適応力を身につける必要がある

計画的偶発性理論では、以下の5つの行動特性が重要であるとされています。

  • 好奇心と冒険心:新しいことに挑戦する意欲
  • 学習意欲:新しい知識やスキルを身につける意欲
  • ネットワーク:人脈を広げ、さまざまな人と交流する意欲
  • 柔軟性:変化に対応する能力
  • 適応力:新たな状況に順応する能力

計画的偶発性理論は、キャリアを成功に導くための有効な考え方です。偶然をチャンスと捉え、柔軟性と適応力を身につけることで、より豊かなキャリアを歩むことができるでしょう。

計画的偶発性理論の具体的な実践方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • さまざまな経験を積む:新しいことに挑戦し、さまざまな経験を積むことで、さまざまな可能性に気づくことができます。
  • 人脈を広げる:人脈を広げることで、新たな機会に出会う可能性が高まります。
  • ネットワークを活用する:人脈を活用して、自分のスキルや経験を活かせる機会を探しましょう。
  • チャンスを逃さない:偶然の機会をチャンスと捉え、積極的に行動しましょう。

計画的偶発性理論を実践することで、より豊かなキャリアを歩むことができるでしょう。

参考URL:
計画的偶発性理論とは?クランボルツ教授に学ぶキャリアデザイン | RGFプロフェッショナルリクルートメントジャパン

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5