内制止

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

内制止とは?

内制止(Self-restraint)は、自己の欲望や衝動を抑制することを指します。これは、自制心や自己管理の能力を活用して、一時的な快楽や衝動的な行動に対して制約をかけることです。

内制止は、個人が自己の行動や言動を制御し、自己規律を保つために必要なスキルです。人々は、欲求や誘惑に対して抵抗する能力を持つことで、長期的な目標や価値観を追求し、自己成長や成功に向けて前進することができます。

内制止は、以下のような場面で重要な役割を果たします:

衝動的な消費行動の抑制: 内制止は、無計画な買い物や浪費的な消費行動に対して抵抗するために役立ちます。自分のニーズや目標に合わない誘惑に対して内制し、より理性的な判断を下すことができます。

食欲や健康の管理: 食欲の抑制や適切な食事制限は、健康的な生活や体重管理に重要です。内制止は、誘惑や欲求に屈せず、バランスの取れた食生活や適度な運動を続けるために役立ちます。

自己成長や学習の促進: 内制止は、自己啓発や学習のための時間やエネルギーを適切に配分するために重要です。自己制約を持って計画的なスケジュールを作り、優先順位をつけることで、目標に向けた取り組みを効果的に進めることができます。

内制止は、自己の意志力や自制心を養い、自己管理のスキルを高めることによって発展します。意識的な努力や練習によって、内制止の能力は向上し、自己の欲求や衝動に対してより効果的に対処することができるでしょう。

https://japanknowledge.com/contents/nipponica/sample_koumoku.html?entryid=175

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5