競合排除の原理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

競合排除の原理とは?

競合排除の原理(competitive exclusion principle)は、生態学において、同じ生態的ニッチ(生態学的役割や生活の仕方)を持つ異なる種が同じ生息地で共存することができないという原理です。この原理は、ロシアの生態学者であるゲオルク・ギュンター・グラウベ(Georgy Gause)によって提唱されました。

競合排除の原理によれば、同じ生態的ニッチを持つ種同士は資源の利用や生存に競争するため、競争に勝った種が生息地を占有し、競争に敗れた種は存在できなくなります。競争に敗れた種は他の生息地に移動したり、絶滅することがあります。結果として、生態系内で競争に勝った種が優勢になり、他の種の存在を排除することが予測されます。

競合排除の原理は、生物多様性の形成や生物の分布に影響を与える重要な原則です。例えば、同じ餌や生息地を共有する異なる種が存在する場合、競争により一部の種が優勢になり、他の種が排除されることがあります。この原理は、生態系のバランスや種の進化にも関連しています。

ただし、競争排除の原理は常に厳密に成立するわけではありません。実際の生態系では、種が微妙な違いを持ち、生態的ニッチを細分化して共存することがあります。また、共存する種が一時的な均衡を保つために、異なる戦略や生息地を利用することもあります。したがって、競争排除の原理は一般的な傾向や理論的な枠組みとして理解されるべきです。

https://academic-accelerator.com/encyclopedia/jp/competitive-exclusion-principle