テトリス効果とは、テトリスを長時間プレイした後に、テトリスのブロックが視界に浮かんで見える現象

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

テトリス効果とは、テトリスを長時間プレイした後に、テトリスのブロックが視界に浮かんで見える現象です。

1984年に、イギリスの心理学者、リチャード・ワイゼンバーグ氏によって、テトリスを長時間プレイした後に、テトリスのブロックが視界に浮かんで見える現象が報告されました。この現象は、後に「テトリス効果」と名付けられました。

テトリス効果は、以下の要因によって引き起こされるとされています。

  • 注意の固定:人は、特定の刺激に注意を集中していると、その刺激が視界から消えても、しばらくの間、その刺激が残像として見えることがあります。テトリスをプレイすると、テトリスのブロックに注意を集中することになります。そのため、テトリスをプレイした後に、テトリスのブロックが視界に浮かんで見えることがあります。
  • 視覚の認知:人は、さまざまな形を認識する際に、脳内でパターンを形成します。テトリスをプレイすると、テトリスのブロックの形を何度も認識することになります。そのため、テトリスをプレイした後に、テトリスのブロックの形が視界に浮かんで見えることがあります。

テトリス効果は、一時的な現象であり、通常は数日以内に消失します。しかし、テトリスを長時間プレイし続けると、テトリス効果が続く時間が長くなる可能性があります。

テトリス効果は、ゲーム以外の場面でも起こる可能性があります。例えば、仕事や勉強で、特定の作業に集中していると、その作業に関連するイメージが視界に浮かんで見えることがあります。

テトリス効果は、脳の認知機能の働きを知る上で、重要な現象の一つです。また、テトリス効果を理解することで、ゲームや仕事、勉強などのパフォーマンスを向上させることができる可能性があります。

参考URL:
テトリス効果 - Wikipedia