「常識」が口癖の人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

「常識」が口癖の人の心理は、大きく分けて以下の3つが考えられます。

自分の価値観や考え方を正当化したい

「常識」という言葉は、一般的に受け入れられている考え方や行動を指します。そのため、「常識」という言葉を使うことで、自分の価値観や考え方が正しいものであることをアピールしたいと考えているのです。

例えば、自分とは異なる価値観や考え方を持つ人に対して、「それは常識じゃない」と否定したり、「常識的に考えて、それは間違っている」と批判したりすることがあります。

周囲の人をコントロールしたい

「常識」という言葉は、社会のルールや規範を表すこともあります。そのため、「常識」という言葉を使うことで、周囲の人に自分の思うように行動させたいという欲求が働いている可能性があります。

例えば、周囲の人が自分の意見に賛同してくれない場合、「それは常識的に考えて、こうするべきだ」と主張して、周囲の人の考え方や行動を自分の思い通りにしようとします。

自分の不安や不満を解消したい

「常識」という言葉は、安定や安心感を表すこともあります。そのため、「常識」という言葉を使うことで、自分の不安や不満を解消したいという気持ちが働いている可能性があります。

例えば、世の中の変化や不確実性に不安を感じている場合、「常識に従っていれば、何とかなる」と自分に言い聞かせることで、不安や不満を解消しようとします。

もちろん、これらの心理が必ずしも当てはまるとは限りません。その人の具体的な言動や状況を踏まえて、心理を判断する必要があります。

なお、口癖として「常識」を使う人は、相手を不快にさせてしまうこともあるため、注意が必要です。

参考URL:
常識が口癖の人を撃退する方法 - 嫁にモテたい