「んとね」が口癖の人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

「んとね」は、日本語の口癖のひとつで、話を始めるときによく使われます。その心理は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

相手に注意を向けてもらう

「んとね」は、相手に自分の話に注目してもらうために使われます。例えば、周囲が騒がしい中で話を始めるときや、相手が忙しそうにしているときに「んとね」を使うことで、相手に自分の話があることを気づかせることができます。

自分の話を整理する

「んとね」は、自分の話を整理するために使われます。例えば、頭の中で考えていることを整理しながら話を始めるときや、複数の話を同時に伝えるときに「んとね」を使うことで、自分の話をわかりやすく伝えることができます。

相手に親しみやすさや柔らかさを伝える

「んとね」は、相手に親しみやすさや柔らかさを伝えるために使われます。例えば、子どもや女性、初対面の相手と話すときに「んとね」を使うことで、相手に親しみやすさや柔らかさを感じさせることができます。

具体的には、以下のような心理が考えられます。

  • 相手に自分の話を聞いてほしい、聞いて欲しい
  • 自分の話をしっかり伝えたい
  • 相手に親しみやすさや柔らかさを感じてもらいたい

また、年齢や性別、地域などによっても、口癖の心理は変わってきます。例えば、子どもや女性は、親しみやすさや柔らかさを伝えるために「んとね」を使う傾向があります。また、関西地方では、親しみやすさや柔らかさだけでなく、軽いノリや冗談っぽさを表現するために「んとね」を使うこともあります。

このように、「んとね」は、さまざまな心理が込められた口癖と言えます。