ストックスピールとは、誰にでも当てはまるような、蓋然的で漠然とした内容であるが、言われると多分にギクッとして内心を見透かされたように感じてしまう種類の、質問・確認の一言を指す言い方

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ストックスピールとは、誰にでも当てはまるような、蓋然的で漠然とした内容であるが、言われると多分にギクッとして内心を見透かされたように感じてしまう種類の、質問・確認の一言を指す言い方です。

たとえば、

  • 「あなたは過去に人に裏切られた経験がありますね?」
  • 「あなたは誰かに愛されたいと思っていますよね?」
  • 「あなたはもっと自分のことを好きになりたいと思っていますよね?」

といった質問は、誰にでも当てはまる内容ですが、言われると、自分のことをよくわかっているような、不思議な感覚を覚えてしまいます。

ストックスピールは、相手の信頼を得たり、相手の気持ちを動かしたりするのに効果的な手法です。

たとえば、営業マンが顧客にストックスピールを使うと、顧客は「この人は私のことをよくわかっている」「この人になら安心して相談できる」と感じて、営業マンの話に耳を傾けやすくなります。

また、恋愛においても、ストックスピールは効果的です。

たとえば、男性が女性にストックスピールを使うと、女性は「この人は私のことをよくわかっている」「この人とならうまくいくかもしれない」と感じて、男性に好意を抱きやすくなります。

ただし、ストックスピールは、使い方を誤ると、相手に不快感を与えたり、詐欺などの犯罪に利用されたりする危険性があります。

ストックスピールを使う際には、相手の立場や状況をよく考えて、慎重に使うようにしましょう。

以下に、ストックスピールを使う際のポイントをまとめます。

  • 相手のことをよく観察して、その人に当てはまりそうな内容を選ぶ。
  • ストレートに質問するのではなく、婉曲な言い方にする。
  • 相手の反応をよく見て、適切なタイミングで質問する。

これらのポイントを押さえて、ストックスピールを上手に活用しましょう。

参考URL:
「ストックスピール」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5