ジャーキングは、睡眠中に体がビクッとする現象

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ジャーキングは、睡眠中に体がビクッとする現象です。医学的には「入眠時ぴくつき」と呼ばれ、英語で「hypnagogic jerk」とも呼ばれます。

ジャーキングは、ほとんどの人が経験する生理現象です。疲労やストレス、カフェインなどの摂取、不自然な体勢で寝ることなどが原因で起こりやすいと言われています。

ジャーキングが起こると、突然の驚きや恐怖を感じ、眠りが浅くなることがあります。しかし、ジャーキング自体は健康に害を及ぼすものではありません。

ジャーキングを予防するためには、十分な睡眠をとり、疲労やストレスを溜め込まないようにすることが大切です。また、カフェインやアルコールの摂取を控え、寝る前にゆったりとした時間を過ごすことも効果的です。

ジャーキングが頻繁に起こる場合や、強い痛みや不快感を伴う場合は、病気が原因の可能性もあります。心配な場合は、医療機関を受診しましょう。

ジャーキングの原因として考えられる病気としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 鉄欠乏性貧血
  • 腎機能障害
  • むずむず足症候群
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 不安障害
  • うつ病
  • てんかん

これらの病気は、適切な治療を受けることで改善が期待できます。

参考URL:
ジャーキング - 株式会社望星薬局