非言語コミュニケーションとは、言葉以外の手段を用いたコミュニケーションのこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

非言語コミュニケーションとは、言葉以外の手段を用いたコミュニケーションのことです。表情、視線、姿勢、ジェスチャー、声のトーン、身振り手振り、距離感など、言葉以外の要素を活用してメッセージを伝えることになります。

非言語コミュニケーションは、言語コミュニケーションと合わせて、人間のコミュニケーションにおいて重要な役割を果たしています。

  • 言語コミュニケーションを補う
  • 言語コミュニケーションを強調する
  • 言語コミュニケーションを相殺する

といった働きをします。

たとえば、会議で誰かが重要なことを言っているとき、その人が真剣な表情でうなずいていると、その言葉をもっとよく聞こうとしているというメッセージが伝わってきます。また、誰かが笑顔で話しているとき、その言葉がより親しみやすく、好意的に受け取られる傾向があります。

また、非言語コミュニケーションは、言語コミュニケーションが誤解を招く場合にも役立ちます。たとえば、誰かが「私はあなたを愛しています」と言葉で伝えているとき、その表情が暗く、声のトーンが低い場合、その言葉は信じられないかもしれません。

非言語コミュニケーションは、意識的に行うこともあれば、無意識的に行うこともあります。意識的に行う場合は、相手に自分の感情や意図を正確に伝えるために活用することができます。一方、無意識的に行う場合は、自分の感情や意図を相手に誤解させてしまう可能性があります。

非言語コミュニケーションを理解することで、より効果的なコミュニケーションをとることができるでしょう。

参考URL:
非言語コミュニケーションとは?非言語コミュニケーションの例と種類 | ビジネスチャットならChatwork

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5