アイゼンクの学習理論

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

アイゼンクの学習理論は、行動主義の立場から人間の学習を説明する理論です。アイゼンクは、人間の学習は、古典的条件付けと操作条件付けの2つのプロセスによって行われると考えました。

古典的条件付けとは、無条件反応(UR)と無条件刺激(US)の偶発的な同時刺激によって、条件反応(CR)が学習されるプロセスです。たとえば、犬に肉を与えると唾液が出る(UR)。このとき、肉を与える(US)と犬が唾液を出す(UR)という刺激と反応が結びつきます。その後、肉を与えずに犬のベルを鳴らす(CS)と、犬はベルを鳴らすだけで唾液を出すようになります(CR)。これは、ベルが肉を与えられるという無条件刺激(US)と関連付けられたために、条件反応(CR)が学習されたためです。

操作条件付けとは、条件刺激(CS)と条件反応(CR)を結びつけることで、条件反応を学習するプロセスです。たとえば、犬にベルを鳴らすとご褒美を与える(強化)。このとき、犬はベルを鳴らすとご褒美がもらえることを学習し、ベルを鳴らすと喜ぶようになります(CR)。これは、ベルを鳴らす(CS)とご褒美を与える(強化)が結びついたために、条件反応(CR)が学習されたためです。

アイゼンクの学習理論は、人間の学習を説明する上で広く用いられています。また、この理論は、教育、臨床心理学、マーケティングなど、さまざまな分野で応用されています。

https://psychologist.x0.com/terms/154.html

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5