持続の軽視

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

持続の軽視とは?

持続の軽視(Neglect of Sustenance)とは、将来の持続可能性や長期的な影響を無視し、短期的な利益や満足に焦点を当てる傾向を指します。この現象では、人々や組織は一時的な利益や即時の需要に集中し、持続可能性や将来の結果を考慮しない場合があります。

持続の軽視は、ビジネス、環境、個人の意思決定など、様々な領域で見られます。例えば、企業が短期的な利益を優先して環境への影響や社会的な責任を無視する場合、持続の軽視が起こっていると言えます。同様に、個人が短期的な欲望を追求するために長期的な財務計画や健康への影響を無視する場合も、持続の軽視が現れています。

持続の軽視は、将来のリスクや損失を見落とす可能性があるため、長期的な成功や持続可能性に対する障害となります。また、環境への悪影響や社会的な不公平など、持続的な問題に対して責任を放棄する結果ともなり得ます。

持続の軽視を克服するためには、長期的な視野を持ち、将来の結果や影響を重視する必要があります。ビジネスや個人の意思決定においては、持続可能性や社会的な責任を考慮し、短期的な利益だけでなく長期的な価値や利益を追求することが重要です。

https://eraina.web.2nt.com/50.html