認知心理学は、人間の心、特に知覚、記憶、思考、言語、学習、意思決定、行動選択などの認知の働きを解明することを目的とする心理学の一分野

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

認知心理学は、人間の心、特に知覚、記憶、思考、言語、学習、意思決定、行動選択などの認知の働きを解明することを目的とする心理学の一分野です。

認知とは

認知とは、事物や事象について知ること、あるいはその過程を意味します。具体的には、以下のような心の働きが含まれます。

  • 情報を受け取り、処理すること
  • 記憶に情報を保存し、取り出すこと
  • 考えたり、判断したりすること
  • 問題を解決すること
  • 言語を理解したり、話したりすること

認知心理学の研究対象

認知心理学は、これらの認知の働きを様々な方法で研究します。

  • 実験:被験者に様々な課題を与え、その認知過程を分析する
  • 脳画像:脳の活動を観察することで、認知過程と脳の関係を解明する
  • コンピュータシミュレーション:認知過程をモデル化することで、その仕組みを理解する

認知心理学の応用

認知心理学の研究成果は、様々な分野に応用されています。

  • 教育:学習効果を高めるための指導方法の開発
  • 医療:認知機能障害の診断と治療
  • 人工知能:人間の認知能力を模倣した人工知能の開発

認知心理学の歴史

認知心理学は、20世紀前半に成立した比較的新しい学問です。

  • ゲシュタルト心理学:人間の知覚は、個々の要素の集合ではなく、全体として捉えられるという考え方
  • 認知論:知識や思考の構造と働きを研究する学問

これらの流れを受け継ぎ、情報処理の観点から人間の認知活動を研究する学問として発展しました。

認知心理学の関連分野

認知心理学は、以下のような分野と密接に関係しています。

  • 脳科学:脳の構造と機能を研究する学問
  • 神経科学:神経細胞や神経回路を研究する学問
  • 心理学:人間の心と行動を研究する学問
  • 哲学:知識や思考の本質を探求する学問
  • 人工知能:人間の知能を模倣したシステムを開発する学問

これらの分野との連携によって、認知心理学はますます発展していくことが期待されています。

参考URL:
認知心理学 - Wikipedia