注意回復理論

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

注意回復理論とは?

注意回復理論(Attention Restoration Theory)は、心理学の分野で提唱された理論で、自然環境や静かな場所への接触が注意力の回復や再充電に役立つという考えに基づいています。

この理論は、心理学者のスティーブン・カフマン(Stephen Kaplan)とレイチェル・カフマン(Rachel Kaplan)によって1980年代に提案されました。彼らは、人々が日常的な活動や注意を必要とする課題に取り組む際には、注意の資源が減少し、疲労感やストレスが増加する一方で、自然環境や静寂な場所に接触することで、注意の回復や再充電が促進されると主張しました。

注意回復理論は以下の2つの主要な要素を強調しています:

刺激の選択性(Selective Attention): 自然環境や静かな場所は、刺激の量が少なく、注意を集中させる必要がないため、注意を自動的に引き付ける要素が少ないとされます。これにより、注意の選択性が回復し、注意の疲労が軽減されるとされます。

視覚的な資源の回復(Restoration of Directed Attention): 自然環境や静かな場所では、自然の景色やリラックスした環境が視覚的な刺激として提供されます。これにより、人々の注意は回復し、集中力や認知的なパフォーマンスが改善されるとされます。

注意回復理論は、自然環境の重要性や環境心理学の一環として、ストレス軽減や注意の回復に関する研究や応用に影響を与えてきました。この理論は、自然の中で過ごすことが心理的な健康と注意力の回復に良い影響を与えることを示唆しており、都市環境や労働環境においても、自然要素や静寂な空間の導入が重要であることが示されています。

https://theory.work/terms-attention-restoration-theory/