構成主義

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

構成主義(constructivism)とは、知識や学習を、学習者自身が主体的に意味を構成していくプロセスであると考える学習・教授理論です。

構成主義の特徴は、以下のとおりです。

学習は、知識の伝達ではなく、学習者自身による意味の構成である
学習者には、既に知識や経験の基盤がある
学習は、問題解決や探究活動を通して行われるものである
学習は、協働的な活動を通して行われるものである
構成主義は、20世紀初頭のフランスの心理学者、ジャン・ピアジェによって提唱されました。ピアジェは、人間の認知は、生まれつき備わっているのではなく、環境との相互作用を通して発達していくと考えました。また、学習は、単に知識を伝達されるのではなく、学習者自身が主体的に意味を構成していくプロセスであると主張しました。

構成主義は、教育の分野で広く用いられています。構成主義に基づく教育では、学習者は、教師の一方的な知識伝達ではなく、自ら主体的に学習活動に取り組むことで、知識や技能を身につけていきます。

構成主義の具体的な教育方法としては、以下のような方法が挙げられます。

問題解決学習:学習者が自ら問題を発見し、解決策を探究する学習方法
探究学習:学習者が自ら興味関心のあるテーマを探究する学習方法
協働学習:学習者がグループで協力して学習する学習方法
構成主義は、学習者中心の教育方法として、近年注目されています。

https://www.gsis.kumamoto-u.ac.jp/opencourses/pf/3Block/09/09-hajimeni.html

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5