マターナルデプリベーション

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

マターナルデプリベーションとは、乳幼児期に母親または養育者からの愛着形成や健全な発達に必要な心理的、情緒的相互作用が極端に阻害された状況のことを指します。

具体的には、母親の長期入院や死亡、虐待やネグレクトなど、母親または養育者との安定した関係を築くことが困難な状況が挙げられます。

マターナルデプリベーションは、子どもの発達に深刻な影響を及ぼします。

身体的面では、発育不良、免疫力の低下、病気への罹患率の高さなどが報告されています。

情緒的面では、不安、孤独感、怒り、悲しみなどの感情が強く現れ、分離不安や自傷行為、反社会性などの行動につながることがあります。

認知的面では、学習障害や知的発達の遅れなどがみられることがあります。

マターナルデプリベーションの子どもは、社会的な適応も難しくなります。

対人関係においては、信頼関係を築くことが苦手で、孤立や疎外感を感じる傾向があります。

また、就労や結婚などの社会生活においても、問題を抱えることが多いようです。

マターナルデプリベーションは、子どもの健全な発達を妨げる重大な問題です。

早期に適切な支援を行うことで、子どもの心身の健康を守ることが重要です。

マターナルデプリベーションの影響は、子どもの年齢や剥奪の程度によって異なります。

生後間もない頃に剥奪された場合、身体的・情緒的・認知的な発達全体に大きな影響を与える可能性があります。

一方、幼児期や学童期に剥奪された場合、対人関係や社会適応に主に影響が出やすいと考えられます。

マターナルデプリベーションの影響を軽減するためには、早期に養育環境を整えることが重要です。

母親または養育者が復帰できない場合は、養子縁組や里親制度などを利用し、安定した愛着関係を築ける環境を整えることが大切です。

https://psychologist.x0.com/terms/142.html