ズーニンの法則

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

ズーニンの法則とは?

ズーニンの法則(Zunin’s Law)は、組織や企業における意思決定プロセスに関する法則の1つです。この法則は、アメリカの心理学者ウィリアム・ズーニン(William Zunin)によって提唱されました。

ズーニンの法則によれば、「不完全な情報で意思決定を下すことは、情報を一切持たない状態で意思決定を下すことと同じである」ということです。要するに、情報が不完全な状態で意思決定を行うことは、情報を持たない状態と同等のリスクを伴うということです。

この法則は、組織や企業において意思決定を行う際に重要な考え方とされています。情報不足のまま意思決定を急ぐと、誤った判断や失敗が生じる可能性が高まるため、より正確な情報を得ることや十分な分析を行うことが求められます。

ズーニンの法則は、意思決定のプロセスにおいて情報の収集や分析の重要性を強調するものであり、意思決定者がより合理的かつ効果的な判断を下すための指針として活用されています。

https://snabi.jp/facility/23465/blog_articles/201832