社会的望ましさバイアス

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

社会的望ましさバイアスとは?

社会的望ましさバイアス(Societal Desirability Bias)は、人々の意見や判断が、社会的に望ましいとされる答えや結論に偏る傾向を指します。このバイアスは、社会的な規範や価値観に合致するような意見や行動を選択する傾向があることを意味します。

社会的望ましさバイアスは、個人やグループが社会的な評価や承認を受けるために、自己の意見や判断を調整する場合に現れることがあります。人々は、社会的に受け入れられやすい意見や行動を選択し、他の人々と一致するように努力する傾向があります。これにより、社会的な期待に合致しない意見や行動が抑制されたり、隠されたりする可能性があります。

社会的望ましさバイアスは、個人やグループの間での意見の一致やコンフォーミティ(迎合行動)の原因となることもあります。社会的な評価や承認を得るために、人々は自己の意見を他の人々に合わせることがあり、それによって個別の視点や多様性が欠落する可能性があります。

このバイアスは、社会的な圧力や規範の存在、メディアの影響など、さまざまな要因によって引き起こされることがあります。また、意思決定や意見形成においてこのバイアスが働くことで、社会的な問題や不正義が見過ごされたり、マイノリティの意見が抑圧されたりする可能性もあります。

社会的望ましさバイアスに対処するためには、個人やグループが自己の意見や価値観を客観的に評価し、独立した思考を促すことが重要です。また、異なる意見や多様な視点を尊重し、社会的な評価や承認に囚われずに意思決定を行うことも求められます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%9A%84%E6%9C%9B%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%95%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B9