狂人理論

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

狂人理論とは、アメリカ合衆国第37代大統領リチャード・ニクソンの外交政策の要として広く知られる理論あるいは戦略です。ニクソンおよびニクソン政権は、東側諸国の指導者たちに大統領が非合理的で気まぐれだと思わせることに腐心した。

狂人理論は、1969年にニクソンによって提唱されました。ニクソンは、東側諸国との交渉において、自分が非合理的で気まぐれな人物であると思わせることで、相手に恐怖を抱かせ、有利な条件を引き出すことができると考えていました。

狂人理論は、ニクソンの外交政策において効果的に機能したと考えられています。例えば、1972年に発生したベトナム戦争のパリ協定締結において、狂人理論は、ニクソンが北ベトナムとの交渉において有利な条件を引き出すのに役立ちました。

しかし、狂人理論は、危険な戦略でもあります。狂人理論を誤って使用すると、相手を過度に恐怖させ、軍事衝突につながる可能性があります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%82%E4%BA%BA%E7%90%86%E8%AB%96