(心理学における)エロス

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

心理学における「エロス」とは、古代ギリシャの哲学者プラトンが提唱した愛の形態の一つであり、心理学や哲学の文脈で幅広く議論されてきました。エロスは、欲望や情熱、魅力、愛情などを含む複雑な感情やドライブを指す言葉です。

プラトンによれば、エロスは物質的な側面から精神的な側面へと向かう力であり、肉体的な愛情よりも精神的な愛情に重きを置くとされました。エロスは、個人が美や知識などの高尚なものを追求し、成長や変容を遂げる原動力とされています。プラトンの対話篇『饗宴(シンポジウム)』において、さまざまな登場人物がエロスに関する考えを述べています。

心理学的な観点から見ると、エロスは一般的に愛と欲望の複雑な組み合わせとされ、人間の感情や行動に影響を与える要因の一つとされています。心理学者カール・グスタフ・ユングもエロスの概念を採用し、個人の内面的なエネルギーや情熱と関連づけ、心の健康と発展において重要な役割を果たすと考えました。

ただし、現代の心理学や哲学では、エロスの概念は時とともに進化しており、文化や背景によって解釈が異なることもあります。エロスは、愛や欲望に関する複雑なテーマを探求する上で重要な要素とされています。

https://jp.quora.com/%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E3%81%A8%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E6%80%9D%E3%81%86%E5%AD%98%E5%88%86%E8%AA%9E%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5