集団的無意識

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

集団的無意識とは、カール・グスタフ・ユングが提唱した分析心理学における中心概念であり、人間の無意識の深層に存在する、個人の経験を越えた先天的な構造領域である。普遍的無意識とも呼ぶ。

集団的無意識は、個人的な経験や教育などによって形成される個人的無意識とは異なり、人類の祖先から受け継がれた記憶や経験が蓄積されたと考えられている。ユングは、集団的無意識の中には、人間の普遍的な心理的傾向や欲求を反映した「元型」と呼ばれるイメージやシンボルが存在すると主張した。

元型には、例えば、

英雄、魔女、賢者などの神話的人物
天、地、海などの自然現象
母性、父性、死、再生などの普遍的なテーマ
などが含まれる。元型は、夢や幻想、芸術作品、宗教的儀礼などを通じて、意識下に表出することがある。

集団的無意識は、人間の精神生活において重要な役割を果たしていると考えられている。集団的無意識にアクセスすることで、人間はより深い自己理解や自己実現を達成することができる。

集団的無意識の概念は、ユング心理学において重要な概念であるが、科学的に証明されたものではない。しかし、ユングの理論は、夢や幻想、宗教など、人間の心の奥底に潜む謎を理解する上で、大きな示唆を与えてくれるものである。

以下に、集団的無意識の特徴をまとめる。

個人的な経験や教育などによって形成されるわけではない
人類の祖先から受け継がれた記憶や経験が蓄積されている
人間の普遍的な心理的傾向や欲求を反映した「元型」と呼ばれるイメージやシンボルが存在する
夢や幻想、芸術作品、宗教的儀礼などを通じて、意識下に表出することがある
人間の精神生活において重要な役割を果たしている

https://kotobank.jp/word/%E9%9B%86%E5%90%88%E7%9A%84%E7%84%A1%E6%84%8F%E8%AD%98-77207

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です