1000時間の法則とは、ある分野でスキルを習得して、それなりのレベルになるためには、1000時間もの練習・努力・学習が必要だという主張

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

1000時間の法則とは、ある分野でスキルを習得して、それなりのレベルになるためには、1000時間もの練習・努力・学習が必要だという主張です。

この法則は、マルコム・グラッドウェル氏の著書『天才! 成功する人々の法則』(2008年)で提唱されました。グラッドウェル氏は、この法則を、アメリカのプロバスケットボールリーグNBAで活躍したマイケル・ジョーダンや、アメリカのプロゴルフリーグPGAで活躍したタイガー・ウッズなどの成功例を挙げて説明しています。

1000時間の法則は、単純に練習すれば誰でも成功できるという意味ではありません。もちろん、才能や適性も重要です。しかし、才能や適性があれば、1000時間の練習で、ある分野でそれなりのレベルになることができるということです。

1000時間の法則は、あくまでも一般的な指針です。具体的な習得時間は、分野や個人の能力によって異なります。また、1000時間の練習をしても、必ず成功できるとは限りません。しかし、1000時間の練習を継続できれば、ある程度のスキルを習得できる可能性は高まります。

1000時間の法則は、スキル習得のモチベーションを維持するためにも有効です。1000時間の練習を目標にすることで、継続して努力する意欲を高めることができます。

なお、1000時間の法則は、1万時間の法則と対比して語られることも多いです。1万時間の法則は、ある分野でトップレベルのスキルを習得するために必要な時間だという主張です。1000時間の法則は、1万時間の法則に比べると、比較的短い時間で習得できるレベルを指しています。

参考URL:
子どもたちへのアドバイスとしての「1000時間ルール」とは? - GIGAZINE