割れ窓理論とは、軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで、凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

割れ窓理論とは、軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで、凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論です。アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが考案しました。

割れ窓理論の特徴

割れ窓理論の特徴は、以下の3つが挙げられます。

環境の整備が犯罪抑止につながる

割れ窓理論は、環境の整備が犯罪抑止につながるという考え方です。建物の窓が割れているのを放置すると、誰も注意を払っていないというサインとなり、やがて周囲の窓も割られるという考え方から、この名がつきました。

軽犯罪の取り締まりが重要

割れ窓理論では、軽犯罪の取り締まりも重要であるとしています。軽犯罪を放置しておくと、地域の治安が悪化し、凶悪犯罪につながる可能性があると考えられています。

視覚的な印象が重要

割れ窓理論では、視覚的な印象も重要であるとしています。ゴミが散乱している、落書きがされているなどの環境は、犯罪を誘発すると考えられています。

参考URL:
「割れ窓理論」実践運動/京都府ホームページ

割れ窓理論の具体例

割れ窓理論の具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

落書きやゴミのポイ捨て

落書きやゴミのポイ捨てが放置されると、その場所は「誰も気にしていない」場所と認識され、さらに多くの落書きやゴミが増えていきます。また、落書きやゴミは犯罪の温床ともなり、犯罪の発生率を高める可能性があります。

違法駐車や交通違反

違法駐車や交通違反が放置されると、その場所は「ルールを守らなくていい」場所と認識され、さらに多くの違法駐車や交通違反が発生します。また、違法駐車や交通違反は、交通事故の原因にもなり、安全な街づくりを阻害する可能性があります。

地域住民の不満や不安

地域住民の不満や不安が放置されると、その地域は「治安が悪い」場所と認識され、さらに多くの人が不満や不安を抱くようになります。また、不満や不安は犯罪の発生率を高める可能性があります。

参考URL:
割れ窓理論とは?まちを清掃すると犯罪率が下がる理由|HOME ALSOK研究所|ホームセキュリティのALSOK

割れ窓理論の実例

割れ窓理論は、1980年代のニューヨーク市で実践され、犯罪率の大幅な低下につながったことで知られています。当時のニューヨーク市は、犯罪多発都市として知られていましたが、当時のジュリアーニ市長は、落書きやゴミのポイ捨てなど、小さな犯罪や無秩序を徹底的に取り締まりました。その結果、犯罪率は大幅に低下し、ニューヨーク市は安全な街へと変貌しました。

日本では、東京ディズニーランドが割れ窓理論を適用しているといわれています。東京ディズニーランドでは、小さなごみや、施設内の些細な汚れや傷をも、夜間の内に清掃修繕しています。これにより、東京ディズニーランドの環境が整備され、来園者の満足度が向上しています。

参考URL:
割れ窓理論とは?意外と活用されている理論の解説と、3つの活用事例 | シカクビズ

割れ窓理論に対する批判

割れ窓理論は、犯罪学や都市計画において、軽微な犯罪や秩序違反を放置すると、治安が悪化するという理論です。この理論は、アメリカの犯罪学者であるジョージ・ケリングによって提唱されました。

割れ窓理論に対する批判は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

実証性の欠如

割れ窓理論は、1990年代のニューヨーク市の治安回復を例に挙げて支持されていますが、この例は割れ窓理論によるものではないという批判があります。ニューヨーク市の治安回復には、割れ窓理論以外にも、麻薬取締りの強化や経済の好転など、さまざまな要因が関与していたと考えられます。

因果関係の不明

割れ窓理論は、軽微な犯罪や秩序違反が凶悪犯罪につながるという因果関係を主張していますが、この因果関係は明確に証明されていません。軽微な犯罪や秩序違反が凶悪犯罪につながったとしても、その関係は単線的なものではなく、複雑な要因が絡み合っていると考えられます。

公平性の欠如

割れ窓理論に基づく犯罪抑止策は、秩序維持のために軽微な犯罪や秩序違反を厳しく取り締まることを主張しています。しかし、この取り締まりは、社会的弱者やマイノリティに不当に偏ってしまう可能性があるという批判があります。

参考URL:
割れ窓理論とは?教育場面などでの活用事例や批判、論文と学べる本を解説 – Psycho Psycho

割れ窓理論の同義語、類義語、関連語、反対語

  • 窓割れ理論
  • 破れ窓理論
  • 壊れ窓理論
  • ブロークン・ウィンドウ理論