好意の自尊理論

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

好意の自尊理論とは?

好意の自尊理論(こういのじせんりろん)は、社会心理学における概念の一つで、他者からの好意や承認を受けることによって、自己評価や自尊心が向上するという理論です。

この理論は、心理学者のアブラハム・マズローによって提唱されました。マズローは、人間の欲求の階層理論で知られていますが、好意の自尊理論はその一環として発展しました。好意の自尊理論では、他者からの好意や承認は、個人の自己評価や自尊心のニーズを満たすことにつながるとされています。

具体的には、他者からの好意や承認を受けることによって、以下のような効果が現れるとされています。

自己評価の向上: 他者からの好意や承認を受けることで、自己評価が向上し、自己肯定感が高まるとされています。

自尊心の向上: 好意や承認を受けることによって、自尊心が高まります。他者からの肯定的なフィードバックは、自己価値感や自己意識の健全な発達に寄与すると考えられています。

心理的幸福感の向上: 他者からの好意や承認を受けることによって、個人の心理的な幸福感が向上するとされています。他者との関係性や社会的なつながりは、個人の幸福感に大きな影響を与えると考えられています。

好意の自尊理論は、人間関係や社会的な環境が個人の心理的な健康や幸福感に与える影響を理解する上で重要な理論となっています。

http://m-bridge.co.jp/blog/501/