沈黙の螺旋仮説

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

沈黙の螺旋仮説とは?

沈黙の螺旋仮説(ちんめいのらせんかせつ)は、社会心理学の概念の一つで、大衆の意見形成や行動において、少数意見が抑圧され、多数派の意見が強化されるという現象を指します。この仮説は、ドイツの政治学者エリーザベト・ノイマンとイギリスの言語学者ナイジェル・ノイマンによって提唱されました。

沈黙の螺旋仮説によれば、社会的な環境や情報の流れが、個人の意見や行動に与える影響が重要です。多数派の意見や行動が広く支持される状況では、少数派の人々は自身の異なる意見や意図を抑制する傾向があるとされます。この抑制は自己検閲や社会的な圧力によって引き起こされ、少数派の人々が積極的に発言することをためらう原因となります。

この現象は、「螺旋」という言葉で表されます。少数派の人々が抑制されることで、意見や行動の多様性が失われ、大衆の中にいる他の個人も同様の意見や行動を取るようになります。この結果、少数派の意見はますます抑圧され、多数派の意見が強化されるという螺旋的な現象が生じるとされています。

沈黙の螺旋仮説は、マスメディアや社会的な環境が個人の意見や行動に与える影響を理解するための重要な概念です。少数派の意見が抑圧されることで、社会的な多様性や意思決定の質に影響を及ぼす可能性があるため、個人が自身の意見を表明し、異なる意見を尊重することが重要とされています。

http://kwww3.koshigaya.bunkyo.ac.jp/wiki/index.php/%E6%B2%88%E9%BB%99%E3%81%AE%E8%9E%BA%E6%97%8B

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5