空の巣症候群とは、子どもが自立して家を出たことによって、親が空虚感や喪失感、不安感などの精神的な不調をきたす状態のこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

空の巣症候群とは、子どもが自立して家を出たことによって、親が空虚感や喪失感、不安感などの精神的な不調をきたす状態のことを指します。

空の巣症候群の症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 孤独感や寂しさ
  • 不安感や焦燥感
  • 気分の落ち込みや憂鬱感
  • 食欲の変化や睡眠障害
  • 意欲の低下や集中力の欠如

空の巣症候群は、主に子育てを終えた40代~50代の母親に多くみられます。

空の巣症候群の原因は、さまざまに考えられます。

  • 子どもが自立したことによる役割喪失感
  • 子どもとの同居生活に慣れてしまったことによる変化への不安
  • 更年期によるホルモンバランスの変化

空の巣症候群は、決して珍しい症状ではありません。

実際に、子どもの巣立ちを経験した人の約3割が、空の巣症候群を経験していると言われています。

空の巣症候群は、時間の経過とともに自然に回復することもあります。

しかし、症状が重い場合は、精神科や心療内科を受診するようにしましょう。

空の巣症候群を予防するためには、以下のようなものが効果的です。

  • 子どもの自立を早めに受け入れるようにする
  • 子どもの巣立ちをきっかけに、新しい趣味や活動を始める
  • 夫婦や友人との交流を深める

空の巣症候群を克服するためには、以下のようなものが効果的です。

  • 子どもとの同居生活で自分自身がどのような役割を果たしてきたのかを振り返る
  • 子どもの巣立ちを新たな人生の始まりとして、自分自身がどうしていきたいのかを考える
  • 夫婦や友人との交流を深め、新たな人間関係を築く

空の巣症候群は、本人にとっても周囲の人々にとっても、大きな負担となる可能性があります。

一人で抱え込まずに、信頼できる人に相談したり、カウンセリングを受けたりするようにしましょう。

参考URL:
子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説 | 東京横浜TMSクリニック

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5