社会的交換理論とは、人と人との関係を、有形・無形のさまざまなモノ・コトの交換によって説明する理論

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

社会的交換理論とは、人と人との関係を、有形・無形のさまざまなモノ・コトの交換によって説明する理論です。

この理論によると、人は相手から得られる報酬と、自分が相手に提供している報酬を比較し、その差によって、今後の行動を決めると考えられています。

例えば、同僚から助けてもらった場合、その助けが自分にとって価値のあるものであれば、その同僚に対して、何かしらの報酬を返す可能性が高くなります。その報酬は、感謝の気持ちを示す、仕事で手伝う、といったものになるでしょう。

社会的交換理論は、さまざまな社会関係を理解する上で、重要な理論として用いられています。

具体的には、以下のような分野で研究が行われています。

  • 組織行動学:組織におけるリーダーシップ、チームワーク、労使関係などの研究
  • 社会心理学:援助行動、信頼、社会規範などの研究
  • 経済学:契約、市場、取引などの研究

社会的交換理論の代表的な研究者としては、アメリカの社会心理学者であるジョージ・ホーマンズが挙げられます。ホーマンズは、人間の行動は、報酬と罰によって動機づけられると主張し、社会的交換理論の基礎を築きました。

社会的交換理論は、あくまでも人間の行動を説明する理論のひとつです。しかし、人間の社会的な行動を理解する上で、重要な視点を与えてくれる理論であることは間違いありません。

参考URL:
社会的交換理論とは――意味と職場における交換の事例を紹介 - 『日本の人事部』

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5